先輩社員紹介

true

地盤防災事業グループ

関野 真登(31歳)

出身:岐阜大学  工学部社会基盤工学科 卒年収:非公開

  • これが私の仕事

    数値シミュレーション-地震が起きたときの挙動を確認

    日本では、地震が多く発生します。そのため、さまざまなインフラ設計において、地震の影響を無視することはできません。
    過去の地震では甚大な被害が発生しています。地震による被害を防ぐ、または減災となるよう地震に耐えうる設計を行うことはとても重要なことです。
    シミュレーションにより適切に被害規模を評価でき、被害が出ないような地盤改良などの対策工を提案できたときに達成感を覚えます。

  • だからこの仕事が好き! 一番うれしかったエピソード

    お客様から再び仕事を依頼される喜び

    入社4年目、1人で業務を担当できるようになった頃、「現存の海岸堤防が強い地震に耐えられるか?」を評価する仕事をお請けしました。
    地盤条件、解析条件などの細かい条件をお客様と密に相談したことで、適切な結果を示すことができ、納得のいく評価を提供できたときに仕事を成し遂げた満足感を得ました。
    普段はパソコンの前で黙々と仕事をしていますが、お客様とのコミュニケーションも重要だということに気付いた瞬間でもありました。その仕事では、お客様にご満足いただき、現在もたびたび仕事の依頼をお請けしています。業務を通じて、会社や自分のファンを少しずつ増やしていくことも、仕事をする上でのやりがいにつながっています。

  • 私がこの会社を選んだ理由

    大学で学んだ土質力学の知識を活かしたい

    大学では土質力学を学んでいたので、その知識を生かせるような会社を希望していました。
    在学当時の研究室の先生からの紹介で当社を知り、応募しました。
    面接で社長から会社やどんな仕事をしているかなどの話を伺い、専門性の高さと、尊敬できる先輩方の存在を知り、ここでなら自分の知識を活かせると思い、入社を決めました。

これまでのキャリア入社後、現在のチームに配属(現職・今年で8年目)

先輩からの就職活動アドバイス!

大企業だけでなく、中小企業で働くことも想像してみてください。
中小企業では、分業されていないことも多く、幅広い経験を積むことができます。また人数も限られているため、社員全員が第一線で活躍しています。その分責任もありますが、早くに経験を積むことができ、また自分の力を試せる環境で働くことで自信にもつながります。
さまざまな会社の特徴を知る上でもインターンシップを活用し、知見を広めることはとてもよいことだと思います。

プレエントリー・説明会予約はこちら

プレエントリー説明会予約

他の先輩社員を見る

  • トンネル等の地下構造物を対象とした設計解析業務

    true

    土木設計・計測事業グループ

    東 幸宏(31歳)
    長崎大学大学院  工学研究科システム工学専攻 卒
  • 地盤や岩盤。地下世界を対象とした実験・計測業務

    true

    先端技術開発事業グループ

    林 邦彦(37歳)
    京都大学  工学部地球工学科 卒
連絡先:
株式会社地層科学研究所
〒242-0017 神奈川県大和市大和東3-1-6 JMビル4F
人事・採用担当 戸内
TEL:046-200-2281
E-mail:saiyo@geolab.jp