先輩社員紹介

true

先端技術開発事業グループ

林 邦彦(37歳)

出身:京都大学  工学部地球工学科 卒年収:非公開

  • これが私の仕事

    地盤や岩盤。地下世界を対象とした実験・計測業務

    地下の構造物や研究施設に赴き、今見えない地中の状態を探査したり、構造物の変状を調査・予測します。
    トンネルを掘削する、あるいは地下構造物を建設する際、建設する先の状態は掘ってみるまで実状がわかりません。しかし何もわからないまま闇雲に掘り進めてしまうと、崩落や水没など大きな事故へと直結してしまいます。私たちの仕事は、直接視認できない地盤や岩盤の内部を探査する、あるいはその探査手法を新たに開発し、研究や実験により確立していくことです。
    防災や減災、安全のために、様々な計測データを取得・分析し、環境へ与える影響や今後起こりうる事象を予測するところにやりがいを感じています。

  • だからこの仕事が好き! 一番うれしかったエピソード

    かかわった公共構造物は長く残り続ける

    入社してから8年目の頃、使用中のトンネルに対して変形を計測するシステムを提案し、設置しました。
    設置までの工期が非常に短く、使用中のトンネルということで車両の行き来を妨げるような手法を用いることができないということが課題でした。難しい現場でしたが、理論の提案と検証から、装置の作成、ソフトウェアの作成、データ収集までのネットワーク構築、現場との調整まで、先輩や仲間たちとの協力をもとに無事納品まで間に合わせることができました。
    弊社で所有する技術は数値シミュレーションからプログラミングまで幅広いものですが、その全てを存分に使ってカタチにできることが醍醐味です。
    トンネルなどの公共構造物は何十年と残り続けますので、後に自分のかかわった現場を通る時は、当時の業務を思い出して感慨深いものがあります。

  • 私がこの会社を選んだ理由

    土木分野の重要性と最前線で、最先端の技術に触れられるところ

    就職活動中は漠然と土木系の職種を思い描く程度で、明確なビジョンもないままいくつかの企業を訪問していました。そんななか大学の教授から当社の紹介を受けたのですが、面接では当時の社長(現会長)から土木業界の将来、会社の理念について熱く説明を受けました。
    これにより改めて土木という分野に対して興味を持ったことと、大企業ではなく中小企業だからこその、より現場に近い最前線で最先端の仕事ができそうだ、と感じて入社を決めました。

これまでのキャリア入社後、現在のチームに配属(現職・今年で12年目)

先輩からの就職活動アドバイス!

大学での4年あるいは6年間に比べて社会に出てからの時間は圧倒的に長く、入社した後もたくさんのことを勉強し経験していくこととなります。
大学での学部や学科、研究内容に縛られずに、その会社の職種や業務内容に興味を持って続けていけるかを考えることが大切だと思います。

他の先輩社員を見る

  • 数値シミュレーション-地震が起きたときの挙動を確認

    true

    地盤防災事業グループ

    関野 真登(31歳)
    岐阜大学  工学部社会基盤工学科 卒
  • トンネル等の地下構造物を対象とした設計解析業務

    true

    土木設計・計測事業グループ

    東 幸宏(31歳)
    長崎大学大学院  工学研究科システム工学専攻 卒
連絡先:
株式会社地層科学研究所
〒242-0017 神奈川県大和市大和東3-1-6 JMビル4F
人事・採用担当 戸内
TEL:046-200-2281
E-mail:saiyo@geolab.jp